ブログ

BLOG

授業レポート(たくらみ)

小さな詩人たち、てこずる(詩作プロジェクト④)

試作プロジェクトもいよいよ後半戦。
子どもたちは自らの一番お気に入りの詩を選び、発表に向けて詩を推敲するフェーズに突入します。

 

今回のプロジェクトでは「自分の発見や感動を〈言葉〉で相手に伝えよう」をミッションに掲げて、活動に取り組んできました。
単なる言葉遊びのような詩ではなく、旅に出たからこそ書ける詩。
自分が本当に伝えたいと思える内容じゃないと、聞き手の心には響きません。

 

なぜ、その詩を選んだのか?
その詩で伝えたいことは何か?

 

それぞれの想いや気持ちを再確認し、詩の推敲に取り掛かることにします。

 

R0012505_tr

詩作する上で最も意識すべきなのは、「詩は説明ではない」ということ。
聞き手に詩の情景や心情をイメージさせようと言葉を連ねれば連ねるほど、どうしても説明的な文章になりがちです。

 

「あえて言葉をできるかぎり削り落として、表現を磨きあげる。」

 

低学年の彼らにとって、決して簡単な課題ではないのは百も承知ですが、詩の醍醐味を十分に味わってほしいという想いから、今回チャレンジしてみることにしました。

 

①なりきる
②くりかえす
③だじゃれを使う
④音を使う
⑤韻をふむ

 

上記に挙げたのは、彼らが授業の中で学んだ「詩人の技」。
実際にそれらの技を用いた詩にもたくさん触れてきました。
しかし、知っているのと使うのとでは大きな違いがあります。

 

自分の詩を洗練していくために、どの技をどう使えば効果的なのか。

しばらく固まってしまって、鉛筆が全く進まない場面も。

小さな詩人たちにとって、試練の時がやってきました。

 

 

◎詩人の旅
小さな詩人たち、たびだつ(詩作プロジェクト①)
小さな詩人たち、なりきる(詩作プロジェクト②)
小さな詩人たち、ふれあう(詩作プロジェクト③)
小さな詩人たち、てこずる(詩作プロジェクト④)
小さな詩人たち、ふんばる(詩作プロジェクト⑤)
小さな詩人たち、つたえる(詩作プロジェクト⑥)

 

 

===体験授業と保護者説明会にご参加ください!

 

「探究型の学びってどんなものだろう?」
「子どもたちが学ぶ様子はどんな感じなの?」
「探究型の学びを通じて、子どもたちにどんな力が育まれるんだろう?」

 

このブログの読者の中で、上記のような感想を抱かれる人がいらっしゃるかもしれません。

 

探究堂では、我々の取り組みをもっと知って頂くために体験授業と保護者説明会を開催しています。
この機会にぜひご自身の目でお確かめください。
参加特典もございますので、お楽しみに!

 

ご興味ある方はこのページの下にあるバナーをクリックし、体験授業と保護者説明会の開催日程をご確認ください。

 

 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
TOP