ブログ

BLOG

イベントレポート

探究ワークショップ「ちいさな哲学者たち」の開催(12/26)

IMG_1512_サイズ変更

今回のワークショップでは、「ふたりはともだち」(アーノルド・ローベル著、文化出版局)の中の「おてがみ」を入り口に対話の時間を持ちました。
がまくんとかえるくんのやりとりがユーモラスで、暖かな気持ちにさせてくれる名作です。

 

朗読を聞く子ども達の表情は真剣そのもの。中には身を乗り出して、話に聞き入る子も。
「他の話も読みたいなあ」
「この本が家にあったらいいのに」
作品をすっかり気に入ってくれた様子が伺えます。

 

お互いの感想を共有した後、いよいよ大人も交えての哲学対話のスタート!
まずはじめに対話における3つの約束ごと(※)を全員で確認し、『「ともだち」ってなんだろう?』というお題に取り組みました。

 

※3つの約束事

①人の話をしっかり聞く
②自分の思いを素直に話す
③否定しない

 

初対面の緊張もあってか、最初は特定の子が活発に発言しがちでしたが、
「どうして、その子と友達になったんだろう?」
「この子とは友達になりたくないなあと思うときは?」
など、いろいろ視点を変えながらイメージを膨らましていくと、次第に他の子が挙手する回数も目に見えて増えていきます。

 

対話も30分を過ぎる頃には、みんなの意見が模造紙2枚を埋め尽くしていました。

 

最初は「全然考えが浮かばない」と固まっていた子が、徐々に自分の意見や考えを語り出し、最後のふりかえりでは「学校とかだと自分の意見を言う機会があまりないから楽しかった」と感想を述べてくれたのが印象に残りました。

 

年内のワークショップは今日でひとまず終わり。
来年も子ども達と答えのない問いに挑み続けたいと思います。

 

 

 

===体験授業と保護者説明会にご参加ください!

 

「探究型の学びってどんなものだろう?」
「子どもたちが学ぶ様子はどんな感じなの?」
「探究型の学びを通じて、子どもたちにどんな力が育まれるんだろう?」

 

このブログの読者の中で、上記のような感想を抱かれる人がいらっしゃるかもしれません。

 

探究堂では、我々の取り組みをもっと知って頂くために体験授業と保護者説明会を開催しています。
この機会にぜひご自身の目でお確かめください。
参加特典もございますので、お楽しみに!

 

ご興味ある方はこのページの下にあるバナーをクリックし、体験授業と保護者説明会の開催日程をご確認ください。

 

 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
TOP