ブログ

BLOG

イベントレポート

探究ワークショップ「作家の旅」の開催(1/23)

_D2_2644

今回はライティング・ワークショップというプログラムに取り組みました。

 

見知らぬ大人に囲まれて、参加者の子の表情には少し緊張の色が伺えます。
「作文」に対するイメージを聞いてみると、まだ一年生ということもあってか、学校では日記を書くくらいしかしたことがないとのこと。

 

椅子に座って、ぽんぽんと書くことが思いつくようであれば誰も苦労しないものです。我々も本物の作家と同じように、文章のネタを探しに教室を飛び出すことに。お昼過ぎの時間帯で、買い物客もまばらな商店街をしばらく散策したのち、いざ作文にとりかかります。

 

ミニレッスンのなかで確認した「頭に思い浮かんだことを素直に書いてみる」ことを意識しながら、思ったことや感じたことを文章にしていきます。鉛筆を片手に原稿用紙に向き合う子どもの表情は真剣そのもの。最初は発言も少なめだった子が、自分の気持ちや思いを表現しようと、約30分間集中して文を書き進めている姿が印象的でした。

 

そして、授業の最後には自身の作品をみんなの前で発表してくれました。一緒に同行した大人も気付いていなかった細かいところまで観察していたのには驚きでした。人前で発表するのはとても緊張するもの。その勇気に拍手です!

 

ふりかえりでは「作文が書けて嬉しい」という感想を述べてくれました。自分の思いや考えを文章に表してみるというのは本当は楽しいことのはずなんだよなあと改めて実感させられました。

 

探究堂では、これからもライティング・ワークショップの実践をこつこつ積み重ねていきたいと思います。

 

 

 

===体験授業と保護者説明会にご参加ください!

 

「探究型の学びってどんなものだろう?」
「子どもたちが学ぶ様子はどんな感じなの?」
「探究型の学びを通じて、子どもたちにどんな力が育まれるんだろう?」

 

このブログの読者の中で、上記のような感想を抱かれる人がいらっしゃるかもしれません。

 

探究堂では、我々の取り組みをもっと知って頂くために体験授業と保護者説明会を開催しています。
この機会にぜひご自身の目でお確かめください。
参加特典もございますので、お楽しみに!

 

ご興味ある方はこのページの下にあるバナーをクリックし、体験授業と保護者説明会の開催日程をご確認ください。

 

 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
TOP